Google、石炭より安い再生可能エネルギー開発イニシアチブを発表

米Googleは11月27日、「石炭燃料より安い再生可能エネルギー」を開発するためのイニシアチブ「RE<C」を立ち上げた。REは再生可能エネルギー(Renewable Energy)、Cは石炭(Coal)の頭文字。同社自身による研究開発に加え、有望な技術や関連企業に投資し、再生可能エネルギーの開発を加速する狙い。
GoogleはRE<Cにより、研究開発を行うエンジニアやエネルギー関係の専門家などの雇用を進め、太陽熱発電を手始めに、風力発電、地熱発電など、さまざまな分野について研究開発を行う予定。同社はこのイニシアチブに数億ドル規模の投資を見込んでおり、2008年には数千万ドルを研究開発などに充てる予定。
RE<Cの目標は「石炭燃料より安い、1ギガワット規模の再生可能エネルギー発電能力を得ること」とGoogle共同創業者ラリー・ペイジ氏。
これは、米サンフランシスコと同規模の市に電気を供給できる量だという。
ペイジ氏は、目標が「数十年ではなく、数年で成し遂げられるのでは」と期待している。 (ITmedia)

Googleはほんとすごいですね!
ネット関連企業だとばかり思ってたら〜こんなことまでやるんですか〜
どこかを買収するんでしょうけど、思惑でどこが吹くか?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。