アリババ 香港証券取引所に上場

アリババ・ドットコム
11月6日香港証券取引所に上場!
公募価格レンジを@12.0HKD〜@13.0HKDに引上げ。

公募価格レンジは08予想PER49倍〜55倍レベルとライバルである、「Global Sources」のPER34倍よりは割高であるが、「Baidu.com」のPER83倍レベルに比べれば割安感もあるのか。
フィリップ証券などは、現在の市場環境からすると極めて割高感があるとしております。
また、香港株式市場におけるテクノロジー株はこれまでホットではなかった事や、昨日の株価下落により、他の銘柄の方が魅力的に見えてしまう可能性も指摘。
待ちに待った今年最大の注目IPO〜アリババ・ドットコム!!
公開当初から大きな反応があり、信用取引のために証券会社8社の貸し出した資金は553億香港ドルに上った。また、募集倍率は200倍、凍結資金は3500億香港ドルになるとみられる。と新浪科技が伝えた。

アリババの株式を購入したのは、ほとんどが国内の投資者とみられる。
現在の中国株式市場は、IT企業は投資先としての選択肢が狭く、百度(Baidu)など有名企業は海外で上場しているため、投資できないのが現状だ。
アリババは国内の知名度が高く、好感を持つ投資者が多かったことが、今回の人気につながった。
最終的な公募倍率は軽く100倍超を予想
ぜひポートフォリオに加えることをおすすめします。
もしかしたら日本のヤフーのような歴史に残る大相場を体験できるかも知れませんよ(´・ω・`)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。