仕手株でしっかり儲ける投資術

仕手株でしっかり儲ける投資術
仕手株でしっかり儲ける投資術中原 圭介

おすすめ平均
stars超具体的な内容で実践の価値アリ
stars仕手株というものを知らされた。
stars理論を細かく解説しているから分かりやすい
stars1度読んで、すぐ2度目を読みました
starsこれは買い!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本は一番のおすすめです!!!
さまざまな株式投資の本を読みましたが、この本が最も役にたちました。
とくに初心者の方にぜひ読んで欲しいです。
タイトルに仕手株と書いてありますが、仕手株以外にも十分役立つノウハウがぎっしりですヽ(*ゝω・*)ノ
この本を何回も読んで頭にたたきこんで、ぜひ実践してみてください。
買いのタイミング、売りのタイミング、買うべき銘柄〜
株式投資は自分のルールをいくつか決めて、しっかり守り〜欲ばらず感情に左右されないように自分をコントロールしないと勝てません。
この本のノウハウをマスターすることで勝利の美酒に酔えることを約束します!!

【解説】
◎仕手株は少額資金を短期で殖やすにはもってこい
株は長期投資が基本などというが、実際のところ個人投資家の大部分は短期間で大きく儲けたいのがホンネ。
また、元手となる資金も少額。
つまり、少額で買える低位株で、短期の値幅の大きいものが個人投資家のニーズにピッタリ。
その典型が仕手株(仕手系材料 株)である。

◎リスクが高いのは事実だが、実際に儲けている人もいる。
短期間で大きく値動きする仕手株は、リスクが高いのは確か。
値上がりしているのを 見てあせって手を出せば、そこが天井ですぐに急落、というパターンに陥りやすい。
しかし、本書の著者はそうした大ヤケドを負わず、仕手株で実際に資産を殖やしてきた。
それは、著者独自の方法論を打ちたて、それを守っているからだ。

◎方法論を学び、実践すれば、仕手株投資も怖くない|大きく値上がりする前 の仕手株を自力で探し、仕手筋の手管に惑わされずに買い向かい、天井をみきわめて売り逃げる、これが仕手株投資の基本だが、実際にはむずかしい。
本書で は、著者が実行して成果を出している手法を詳しく解説しているので、だれでもリスクを抑えた仕手株投資が可能になる。

◎サラリーマンだった著者が3年で 100万円を7000万円にした超実践的手法を大公開!

【お客様の感想、口コミ】
◆超具体的な内容で実践の価値アリ

アセットステーションの創設者、中原圭介さんのデビュー作。
勝ち組になるための要件と、
ボックストレンドを制す、仕手株投資の極意がここに!

超具体的な内容で、実践する価値のある理論が書かれています。
2作目の
「株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる 」
の後に購入しましたが、
総論に対する各論という感じでよくまとまっています。

投資方法の見直しを考えている方にお奨めです


◆仕手株というものを知らされた。

初心者には「仕手株」と言われてもピンとこないものがある。
また、仕手株について積極的に解説してある、初心者向きの本もない気がする。

その点、この本は分かりやすく仕手株について解説がなされており、
勉強になる。株式投資をする人は一度目を通す価値がある。特に初心者は。

◆理論を細かく解説しているから分かりやすい

著者は、常人を超越した勘や才能があるわけではない、あるいはそれに頼らない。
あくまで論理の基に想定を徹底し、それに従い投資するというやり方だ。
だからこそスランプも少ないし安定した成果を上げられる。
この本には、著者がこれまで経験、想定してきた考え方や、注意すべき点が惜しめなく盛り込まれている。
著者の特別な経験だけでなく、誰でも実践できるベストな経験の生かし方が指南されているのである。

仕手株について、その仕組みを理解し利ざやを稼ぐという内容で、十分に仕手筋の思惑、やり方があたりまえに説明されている。

◆1度読んで、すぐ2度目を読みました

1度読んで、すぐ2度目を読みました。

「仕手株」についての考察も、わかりやすく、明快ですが、
なによりも、2度目を読まさせたのは、

「勝ち組1割」「負け組9割」

、、、ということは、、、

「9割の投資家と逆の投資行動を取れば勝ち組になる」

という、衝撃的な言葉でした。

あたりまえのことですが、それを、ピタリと言語化
しているところが、本書のスゴイところ。

「勇気を持って9割の人々と逆の投資行動をする。
 その心理的抵抗に打ち勝った者だけが、対価としての
 『勝利』を得ることができる」

う〜ん、この言葉、一生大事にいたします。

◆これは買い!

仕手株に関して特化し、これほど簡潔に分かりやすく
書かれた著書はちょっと見当たらないのではないでしょうか。
しかも、著者の体験がふんだんに盛り込まれている。
2005年の株本ベスト3に入るほど優れた出来ばえ。
処女作で、この出来は驚嘆に値する。

|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。