日本マイクロニクス(6871)量子電池で高値更新〜さらに上値を追う展開へ

日本マイクロニクス(6871)とグエラテクノロジー(株)は共同で新原理による二次電池の量産化技術の開発に成功しました。

http://www.mjc.co.jp/files/page/pdf/528b008635acc_20131119150910.pdf

NEDOが想定している2030年頃までに技術革新が起これば達成できるかも。という予想を既に達成。
・長寿命(1万回以上の充放電)
・高密度(従来の2次電池の倍以上)
・発熱がほとんどなく安全
・液体を使わないので液漏れ無し。
・レアアースを使わないので安価
現在あるすべての二次電池をはるかに上回る性能で、発表どおりならノーベル賞もの
だとも言える。

日本マイクロニクス(6871)をホールドし続ければ、
もしかしたら、ガンホー以上あるいはヤフー級のパフォーマンスを手に入れる事が出来るかもしれませんね!

でも、それだけの強烈な大材料があります。
握ったら 絶対に 離さないことです。

電池を制する者は世界を制する
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/22515.html
http://moneyzine.jp/article/detail/158502

世界を変える電池?新開発の量子電池が異次元すぎる。
http://matome.naver.jp/odai/2138735407947171701

あの ガンホーでも 節目、節目で 強烈な振るい落としがありましたよね。
日本マイクロニクスで振るい落とされない為には、
ただ時間を味方に付けて強く握っているだけ。

それだけです。
あなたの強い心が試されます。

この革命的な発明の将来を考えてみれば、ありとあらゆるものを変える発明です。
やがて、スマホ、タブレット、パソコンから始まって、いずれは自動車、電動工具類、飛行機、リニア、JR。。いずれはあらゆる製品を支える事になるでしょう。
NISAも本格化して買いが殺到、当然外人投資家が指をくわえて見ていることもまずあるまい。
日本の産業、経済を大きく変えるアベノミクスの目玉である!
株価も当然5万。。。いずれは10万を目指すでしょう。
大きな夢が現実のものとなる日本の市場で現在一番期待できる会社です!

今年の年末12月の大納会では、
日本マイクロをただ一年間、ホールドしているだけで、
もしかしたら〜あなたも億万長者かもしれませんね。


量子電池FAQ
http://www.mjc.co.jp/cms/whats/20131220_115912U123.pdf

量子技術に基づく二次電池batteniceレジスタードマークの量産化技術の開発に関するお知らせより〜
1.日本マイクロニクス独自のプローブカード製造技術を応用し、配線密度は現行商品の30倍。
※日本マイクロニクスは半導体検査のプローブカード世界シェアトップ。他社が真似できない技術を多数保有。
2.材料は不燃性であり、充放電においてほとんど発熱しない。熱暴走の心配無し。
3.電解液を必要としない。安価、安全で取り扱いが容易。
4.原材料に有害物質を使用していないため、環境問題がない。
5.1万回充放電を繰り返しても劣化しない。メンテナンスフリー。
6.従来のバッテリーを大幅に上回る急速充放電が可能。現状でも従来品の倍以上の充放電が可能。
7.レアメタルなどの希少資源を必要としない。安価で安定供給が可能。
8.動作温度範囲 −25℃〜+85℃。冷凍庫内でも使用可能。屋内、屋外問わず使用可能。
9.積層可能。積層すればするほど能力を上げられる。
10.デバイスに合わせて形状は自由に替えられる。スマホ、タブレット、太陽光発電、ほかあらゆる家電の補助電源としても実装可能。
11.量産化技術は開発済。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。