B.N.F氏の株取引術に学べ!

2005年の12月、みずほ証券が巨額損失を出した「ジェイコム株誤発注事件」により、
わずか数十分で20億円儲けて一躍時の人となりテレビにも何度か出演した超有名な個人投資家B.N.F氏と言ったら株をやってる人間で知らない人はいないだろう。
元手わずか160万円からわずか5年間で100億円突破させた天才投資家のテクニックから短期間で儲けるヒントを掴もう!
彼のやり方を調べてみると、彼は判断のとてつもない早さキーボードを打つ速さなどは別にして、
投資手法には非常に理論的かつネット株取引にふさわしい手法で利益を積み重ねているのが分かる。

彼のやり方や語録から自分にも使えそうなテクニックはどんどん吸収して実践していこう。
やはり、成功した人の良いところを真似することが結果を出すには最も手っ取り早いと思う。

まずは彼の1日の生活の流れから学ぼう。

◆B.N.F氏の一日の生活の流れを検証

・朝8:15に起きる。市場が開くのが9:00だが、ネット証券会社の板には何円で何株の注文が出ているかを示す「気配値」が出始める。

BNF氏「気配値を見ながら今日の日経平均の動きをイメージすることが非常に大事なんです。寝坊しないために目覚ましを3つ、5分おきにセットしています。
でも、夜中に米国市場が気になって、朝方に寝ても、この時間には自然に目覚めてしまいますが・・・」

「米国市場が下げていると、それだけで数億は損します。そんな日は朝から気が滅入るので、最近はあまり見ないようにしています。w」

・11:00に前場の取引が終わると、証券会社のホームページなどで市場関係のニュースをチェックしながら遅いブランチをとる。
基本的に朝食はとらず、一日2食である。そして、12:30に後場始まると、再び15:00頃までパソコンに張り付く。
場が立ってる時間にはトイレにいく暇すらないらしい

BNF氏「1分の値動きで数千万円損することが実際にありますから、後場が終わると精神的に疲れ、しばらくはグッタリしてます」

・その後は16:00まではネットで株式ニュースをチェックしながら1日の取引の反省をする。

・お金はあるけど、豪遊もせず、酒も飲まず、車も乗らず、洋服は近くのダイエーで安い服を買う、するのは近所の散歩くらいだとのこと。

普通の人から見れば非常にストイックなのか?でも、本人にとってはこれが普通って感じなのだろう。
趣味である株取引だけに全力投球している様子がよく伝わってきますな(´・ω・`)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。